加賀・山中の酒「獅子の里」松浦酒造 松浦酒造WEBSITE
松浦酒造、酒造りへのこだわり 松浦酒造、獅子の里ができるまで 松浦酒造ブランド(清酒銘柄) 松浦酒造、獅子の里、鮮の通信販売 松浦酒造、会社概要・直営店のご案内 松浦酒造、酒蔵からのお知らせ

〜米と対話し、微生物たちのリズムにあわせて〜
松浦酒造十四代目にして、創業以降初めての身内杜氏となりました、松浦文昭です。
昭和44(シシ)年生まれ。大学卒業後、関東にて流通と消費者の皆様のお声を聞かせていただきながら、他県の造り酒屋での研修を経て、家業に戻りました。
先代の南部杜氏さんとは約10年にわたり寝食をともにし、酒造りを体で教えていただき、平成14年度より、杜氏に就任いたしました。体にやさしく、味に立体感のある酒質を理想としております。
今までは、人間の味覚・臭覚は、舌と鼻で感じ取り頭脳でキャッチして簡単に判断してしまいがちでした。しかし、これからは、人間も自然界の一部であることを再認識し、五感(体全体)で味わっていただくことが大切だと感じております。
美味しさの表現は言葉にしにくいものですが、体にやさしく、体の細胞が求めてくれる酒質を目標とし、米一粒一粒に愛情をこめ、無限の味覚を探求し、自然と調和のとれた味わいを大切にしていきたいと思います。

毎年一年生の気持ちで・・・。
Sake man 松浦 文昭

杜氏とは
主に農業・漁業に携わる方々の冬場の出稼ぎとして酒造りをする集団を杜氏といいます。
昔は軍隊の次に厳しい集団といわれるほど役職・担当が厳密に守られています。製造責任者である杜氏を筆頭に、
 頭(かしら)…現場での指示・監督
 麹師(こうじや)…麹を担当
 酉元師(もとや)…酒母を担当
 槽頭(せんとう)…酒を搾る
 釜師(かまや)…米を洗米し蒸し上げる
など。製造部門で6名の責任者が必要とされ、米と対話し、微生物たちのリズムにあわせてチームワーク「和」を大切にすることで、良い酒を醸しておりました。
「和醸良酒」の思いは変わらず、今では少人数でがんばっております。



北陸は加賀の国、薬師山の麓に約1,200年前より霊泉あらたかなることを示された薬師如来のご尊像をお祀りしている由緒ある寺院「医王寺」。通称「お薬師さん」は、山中温泉を見下ろす高台にあります。
この「お薬師さん」の境内より湧き出る地下湧水を「薬水」といい、私ども地酒「獅子の里」の仕込水として使用させていただいております。
医王寺歴代住職は、晨朝まずは閼伽水(仏前に供げる水)として供え、その後飲用していることから、薬水不尽といわれております。
この薬水は超軟水で、やわらかく、まるく、甘みを感じる甘露水であり、保温・保湿効果が高く、湯ざめしにくいという山中温泉の魅力をもち、また、お酒の酒質としても、お料理の味わいを引き立てるおだやかでやわらかな食中酒の特徴も引き出してくれます。不思議なマウンテン・デューなのです。



安全で本物の酒を変わらずに造り続けて行く。小さい酒蔵だから出来ること、酒が好きだから出来ること、仲間との和があるからこそ出来ること、いろんな出来ることに挑戦いたします。



美味しい晩酌を楽しみに、米一粒、一粒に丹誠を込め、どんなに忙しくとも、微生物達のリズムに合わせ、商品アイテムごとの特徴を生かしております。仲間と微生物達が私達を育ててくれているような気がします。



松浦酒造有限会社 石川県加賀市山中温泉 Copyright (C) MatsuuraShuzo Co. Ltd. All Rights Reserved.